出店や創業される前に是非ご相談下さい!

これから事業を始める方や、既に事業を行っている方が新規出店する際に使える助成金です。

「うちが助成金をもらえるなんて知らなかった・・・」という経営者の声を よく聞きます。

助成金は、雇用保険の適用事業所であればほとんど業種を問わず 活用できるものです。
しかし、「ちょっとした事を知らないばかりに本来もらえるはずの助成金が もらえなくなる」という事態も多数発生しています。

創業時に使える助成金は、国が起業支援、起業に伴う雇用促進の為に用意したお金です。

この助成金には大きく分けて5つのパターンがあります。
また、この創業関係助成金の場合、法人設立前に相談頂く事が重要です。

当センターは、創業案件に強い税理士・司法書士・行政書士等との連携ができています。
しっかりと安心できる専門家をお選び下さい。

 

※助成金名をクリックすると詳細ページが開きます。
主な受給要件や具体的な受給額については詳細ページでご確認ください。

2018年度

地域雇用開発助成金(地域雇用開発コース)
雇用機会が特に不足している地域の事業主が、事業所の設置・整備を行い、併せてその地域に居住する求職者等を雇い入れる場合に利用できます。

増加した支給対象者の数に応じて1年ごとに最大3回支給されます。

・設置・整備費用:300万円以上~
・支給対象者の増加数:3人~
・支給額:48万円~960万円

 

生涯現役起業支援助成金
中高年齢者の方が起業するに当たって(起業日の年齢が40歳以上)、中高年齢者を雇い入れた場合(60歳以上1名以上、40歳以上2名以上、または40歳未満3名以上)、募集や教育訓練など、雇用創出措置に関する費用の一部が助成されます。

最大200万円の経費助成が受けられます。

 

2017年度

地域雇用開発助成金(地域雇用開発コース)

雇用機会が特に不足している地域の事業主が、事業所の設置・整備を行い、併せてその地域に居住する求職者等を雇い入れた場合に利用できる助成金です。

増加した支給対象者の数に応じて1年ごとに最大3回支給されます。

・設置・整備費用:300万円以上~
・支給対象者の増加数:3人~
・支給額:48万円~960万円

 

生涯現役起業支援助成金

中高年齢者の方が起業するに当たって(起業日の年齢が40歳以上)、中高年齢者を雇い入れた場合(60歳以上1名以上、40歳以上2名以上、または40歳未満3名以上)、募集や教育訓練など、雇用創出措置に関する費用の一部が助成されます。

※開業・起業については法人事業、個人事業ともに対象となります。

最大200万円の経費助成が受けられます。

 

教育・研修助成金の紹介ページはこちらをクリック

採用助成金の紹介ページはコチラをクリック

 

募集終了

【終了】宮城県スタートアップ加速化支援事業(平成29年度第2回募集)

宮城県内に本社、本店を置いての創業または第二創業する中小企業者を支援し、スタートアップ資金(単年度最大100万円)の補助を受けられます。

※併せて移住者による創業を支援するため、UIJターンをして創業等する者に対しては、優遇してスタートアップ資金を補助します。

これから事業を始める方や、既に事業を行っている方が新規出店する際に使える助成金です。

2013年4月現在は、一つの助成金に絞り込まれ、エリアが限定されるなど、使いづらくなってしまったのがこの創業・新規出店に関する助成金です。

対象エリア外の方に関しましては、創業や新規出店時に新たに雇用する従業員への教育・研修助成金や採用助成金の活用を検討していただくことをオススメしています。

助成金名 助成金概要 助成額
地域雇用開発奨励金 雇用機会が特に不足している地域で

①事業所の設置・整備を行い
②ハローワークなどの紹介により労働者を雇い入れた事業主に

最大3年間(3回)奨励金を支給

3年間で最大
2,800万円
(創業の場合)